源泉あり?なし?証券口座の種類を比較

証券口座には一般の口座の他に、特定口座(源泉徴収なしと源泉徴収あり)があります。

口座を開設するときにどちらかを選択することになりますが、どれを選ぶかによって税務上の手続きが変わってきます。

証券口座の比較情報収集ができます。

2つの口座を比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか。
まず、一般口座と特定口座ですが、一般口座は損益の計算を自分で行わなくてはなりません。その結果、納税が必要な場合は確定申告をする必要があります。



一方特定口座では証券会社が損益の計算表を送ってくれますので、それを元に確定申告を行います。


また株式取引の利益は20万円以下であれば納税の必要はありません。


特定口座の源泉徴収ありを選択していると、確定申告は必要ありませんが、利益が20万円以下の場合でも課税されてしまい多く納税することになります。



もちろん確定申告をすれば払いすぎた税金は返って来ます。

会社に勤めていて自身で確定申告をしない人は特定口座の源泉徴収ありを選択しても良いですが、それ以外の場合は源泉徴収なしにすると良いでしょう。証券口座はNISAの口座と違って一人で複数の会社に口座を開いても問題ありません。

損益はすべての証券会社の株式取引を合算することができます。

証券口座によっては同時にFXなどの取引ができるタイプのものもあります。

FXは申告分離課税となっており、税制上株式取引とは別のものです。別のもの同士を合算することはできませんので、注意しておくと良いでしょう。